タオルの本

世界一タオルを研究している会社がつくったタオルの本

新しいタオル文化の創世 〜赤ちゃんが喜ぶタオル〜

コラム

新しいタオル文化の創世 〜赤ちゃんが喜ぶタオル〜

2017/01/26

人生の入り口からいいタオル。一見意味不明に思えるかもしれないが、実は環境医学の研究で培ったさまざまなデータを解析するにつれ、このキーワードが成長過程において非常に重要な役割を果たしていると推察できる。
生まれたばかりの赤ちゃんは、物理的にも生理的にも人間の中でもっとも弱く、彼らを外敵から守るために我々大人はあらゆる策を思案する。最近は、情操教育や早期教育が盛んであり、外国語や運動も含め、良い音楽、良い食べ物、良い絵本など、多くの情報に振り回されている感もある。しかしながら健全な脳の発達という観点から考えたとき、実は触覚も重要な一要素だと考えている人は少ない。皮膚(肌)は、その表面積を考えると理解できるが、体の中で最大級の器官である。そしてそこには、無数の神経終末が張り巡らされていて、肌の感覚を司っているのである。
人間は記憶能力に優れた動物で、専門知識のない人でも味覚の記憶、聴覚の記憶、視覚の記憶、嗅覚の記憶を論じることは多々あるが、こと触覚つまり肌の記憶についてはどうだろうか。考えてみてほしい。人間は生まれると同時にまずはタオルにくるまれる。音や色やにおいや味を知るより先に、この世に誕生した瞬間に触覚を感じているのだ。そして赤ちゃんは、その後もさまざまな場面でタオルと共に時を過ごす。タオルを口に入れることもしばしばある。こうしたことが赤ちゃんや子どもの行動として認知されている以上、我々はもっと赤ちゃん工学的な観点からタオルを研究する必要があると感じている。最早、タオルは単なるツールではなく、健全な成長を促すアイテムとして発信されるべきである。つまり新しいタオル文化の創世である。
赤ちゃんが喜ぶ、笑顔になるということは間違いなく居心地がいいということであり、ストレスフリーの状態である。それがイコール健全な脳の発達に繋がるという方程式の成立は、健康科学の観点からも明確である。さらに言うならば、赤ちゃんにやさしいということは、すべての人にやさしいということでもある。子どもの頃に使った心地良いタオル、それは母の腕に抱かれたときのやすらぎと同じように人間の記憶に残るものである。

Creation of a New Towel Culture: Towels that Bring Joy to Babies

Quality towels from the start of life. This may not seem to make sense at first, but as we analyze data cultivated through environmental medicine research, we can speculate that this actually plays a crucial role in the development process.
Newborn babies are the most fragile both physically and physiologically among humans, and we adults consider all kinds of measures to protect them from outside dangers. There is a sense of confusion from information overload, with the availability of many emotional development and early education programs, as well as foreign languages, exercise, good music, good food, good picture books, etc. etc. But when considering the perspective of developing a sound brain, not many people conceive that tactile perception is a crucial factor. If you consider the surface area of skin, you will realize that it's the largest organ of the body. Countless nerve terminals are extended throughout the skin to provide sensation.
Humans have excellent memory, and even people without expertise often discuss memory of taste, hearing, vision, and smell. But what about touch, or memory of skin? Think about this. As soon as humans are born, they are wrapped in a towel. They experience a tactile sensation the moment they are born, even before sound, color, smell, or taste. And afterwards, babies spend time with towels in many different situations. They also often put towels in their mouths. As long as we are aware of this kind of behavior among babies and children, we are impelled to research towels with a more “baby-engineering” approach. We should communicate as quickly as possible that towels are more than a simple tool; the towel is an item that promotes sound growth. In other words, this is the creation of a new towel culture.
When babies are showing joy or smiling, this means they feel comfortable and free from stress. From the perspective of health science, it's obvious that this links to development of a sound mind. To elaborate further, when something is gentle to a baby, it's gentle to everyone. A pleasant-feeling towel used during childhood is just as memorable as the peace and comfort of being in a mother's arms.



坂部 貢 
医学博士
東海大学医学部基礎医学系生体構造機能学領域 教授
同大学院医学研究科先端医科学専攻 教授
北里大学北里研究所病院臨床環境医学センター長
日本臨床環境医学会 理事長 
日本温泉気候物理医学会認定温泉療法医

Kou Sakabe, M.D., Ph.D.
Professor, Tokai University School of Medicine
Director, Environmental Medical Center, Kitasato University, Kitasato Institute Hospital
President, The Japanese Society of Clinical Ecology
Fellow, The Japanese Society of Balneology, Climatology, and Physical Medicine

※掲載内容は『タオルの本』発行当時(2012年)のまま掲載しております。



UCHINO Towel&Bath Shop 本店

UCHINO Towel&Bath Shop 楽天市場ショップ


-コラム