タオルの本

世界一タオルを研究している会社がつくったタオルの本

タオルの歴史と生産地の推移

タオルについて

タオルの歴史と生産地の推移

2017/02/02

タオルの始まり

タオル(Towel、Toweling、Terry cloth)は、明治5年(1872年)に初めて海外から輸入された織物です。タオルの製造に必要なテリーモーションの原理は、1811年頃にフランスで考案されたと言われていて、そのときに使われた素材は絹糸。綿糸は1848年に初めて使われました。ループパイルを持つタオルは、1850年代にイギリス人ヘンリー・クリスティーが、トルコの手工芸品であった「ターキッシュタオル」を参考につくり出したと言われています。その後ヨーロッパやアメリカを中心にタオルが生産されるようになり、初めて工業生産として行ったのはアメリカであり、1864年のことでした。
タオルが日本に輸入された頃、日本人はそれが手や体を拭くものだとは知らず、そのやわらかい感触と優れた保温性や通気性から、また、当時は輸入品が非常に高価であったこともあり、首巻きや衿巻きとして使い、タオルを「毛巾(もうきん)」とも書いていました。現在のようなループパイルのあるタオルが日本でも一般的に使われ始めたのは、国内で盛んにつくられるようになった明治時代半ば過ぎ、1900年頃と考えられています。そして1930年頃には浴巾、バスタオル、パジャマ、ガウンなど広範囲なタオル製品が生産され、現在に至っています。
タオルはその特性から、入浴や洗顔をはじめ、スポーツなど、現代の生活に欠かすことのできないものです。さらに、その快適性がウェアの素材としても見直されています。

世界のタオル

世界中で使われているタオルの大きさや形状を分類すると、ヨーロッパ大陸型、アングロサクソン型(英米)、アジア型(中国、ベトナム、日本など)の3種類に大別できると言われています。
ループパイルを持ったタオルが発明される以前にも、世界各地で蜂巣(ワッフル)織りや粗い平織りの生地が拭くための布として用いられており、それぞれの歴史や文化が現在のタオルにも受け継がれています。
英語のタオルは「拭くための布」を意味する言葉で、ヨーロッパやアメリカの文化圏においては、一般に「水分を拭き取る」ために使う布だけをタオルと(またはそれに相当する各国の言葉で)呼ぶことが多いようです。表面にループパイルを持つ布であっても、体を洗うために使うものはウォッシュクロスと呼んで区別し、逆にワッフル織りや平織りであっても、水分を拭き取るために使うものをタオルと呼んでいます。タオルの大きさや厚さは地域によって少しずつ異なっていますが、それぞれの国や地域で目的とする用途やシーンに合わせた独自の大きさや厚さのタオルがつくられ、それが現代に至ったと考えられます。
タオルの素材は、現在ほとんどの国で綿が使われていますが、フィンランドなどの北欧地域では、サウナタオルと呼ばれる麻(リネン)のタオルがあります。このタオルはサウナ浴の後の汗を拭き取るだけでなく、ドライマッサージ用としても使われるため、硬めでシャリッとした刺激のあるリネンが適していると言われています。
日本では、タオルが伝わる以前には手拭いという平織りの布が使われており、この布1枚で入浴時に体を洗ったり入浴後の体を拭いたりしていました。
そして日本でタオルがつくられるようになってから、この手拭いとタオルの両方の長所を取り入れた「浴用タオル」が生み出されました。この浴用タオルは水に濡らしても絞りやすい薄さ、体を洗いやすい長さに設計され、乾いた状態で拭くことはもちろん、入浴時に体を洗うのに非常に適しています。この浴用タオルは、日本独自の風呂文化から生まれたタオルです。

変化する生産地

タオルに限らず多くの繊維製品は、かつては消費地に近い場所でつくられていました。しかし、流通が発達し、市場がより高い品質と適正な価格を求めた結果、その生産は徐々に原料の生産地やその周辺に移っていきました。
現在、世界で最もタオルの生産量が多い国は中国で、次いでインド、ブラジル、パキスタン、トルコなどの綿の産地が名を連ねています。流通が発達した現在では、原料が採れて製造コストが安い地域で生産を完結し、そこから消費地に送るのが品質や価格面において合理的な手段であると考えられています。
品質の良いものを適正な価格で供給するために、生産と流通の合理化が進むのは、タオルに限らず多くの製品について言えることであり、世界的な大きな流れになっています。

History of Towels

The towel, also sometimes referred to as toweling or terry cloth, is a weave fabric that was first imported to Japan in 1872. The principle of “terry motion” that is a requisite for towel manufacturing was said to be invented in France around 1811. Silk yarn was used at the time, and cotton yarn was first used in 1848. It is said that Englishman Henry Christy first created a towel with looped pile in the 1850s, styled after the handicraft Turkish towel from Turkey. Towels later were manufactured mainly in Europe and the US, and industrial manufacturing was implemented for the first time in the US in 1864.
When towels were imported to Japan, the Japanese did not realize they were for wiping the hands and body. With the soft texture and superb heat retention and breathability, and also because imports at the time were very expensive, the Japanese used them as scarves or neckpieces. Towels with looped pile as we know them today came into popular use in Japan in the later Meiji era (about 1900) as domestic manufacturing progressed. By about 1930, manufacturing covered a wide range of terry cloth items such as wash cloths, bath towels, pajamas, and gowns, leading to present day.
Because of its characteristics, towels are essential to lifestyles today, such as for bathing, washing the face and exercising. The comfort of this material has regained notice also for use as clothing.

Towels Around the World

There are said to be three major categories of towels by size and shape around the world: the European continent type; the Anglo-Saxon type (UK and US); and the Asian type (China, Vietnam, Japan, etc.)
Before towels with looped pile were invented, waffle-weave and flat-weave cloths were used around the world for wiping. The history and culture of these have been passed on to today’s towels.
In the English language, and in European and US cultural regions, only cloths used to wipe moisture are usually referred to as towels (or the word for towel in that language). Cloth used for washing the body is called a wash cloth even if it has looped pile, while cloth used for wiping moisture is called a towel even if is a waffle-weave or flat-weave. The size and thickness of towels differ slightly according to region, but each country and region has developed towels in unique sizes and thicknesses to fit the purpose and occasion for use to evolve to their current form today.
Most countries today use cotton for towels, but linen towels referred to as sauna towels exist in Scandinavian countries such as Finland. These towels are used to wipe perspiration after spending time in the sauna or for dry massaging, so linen is said to be suitable with its harder and crisp stimulating texture.
In Japan, a flat-weave cloth called a “tenugui” was commonly used before the towel was introduced. This cloth was used to both wash the body during the bath and wipe it dry afterward.
As towel manufacturing started in Japan, the “yoku-yo towel (wash cloth)” that combined the benefits of tenugui and towels was born. It is designed to be thin enough to be wringed easily after being wet and to have the right length to easily wash the body. It’s perfect for wiping when dry and also for washing the body while bathing. This wash cloth was born from Japan’s unique bath culture.

Changing Production Areas

In the past, towels and many other textile products were manufactured in close proximity to where they were consumed. But with progress of distribution and the market seeking better quality and reasonable prices, production has gradually shifted to where raw materials are produced and their nearby regions.
China is currently the largest producer of towels in the world, followed by other cotton-producing countries such as India, Brazil, Pakistan, and Turkey. With advanced distribution today, it’s rational in terms of quality and price to integrate manufacturing in regions where raw material can be procured and production costs are low and then shipping the product to consumption regions. This is a growing trend around the world.
Streamlining production and distribution to supply quality products at reasonable prices is a major global trend for most of products, not just towels.

各国のタオルのサイズと名称
各国のタオルのサイズと名称(代表例)

Sizes and Names of Towels around the World (Major Examples)

アメリカのタオル生産量
アメリカはかつて世界でも1,2を争うタオル生産国で、1990年代後半には年間約5億枚の生産量がありましたが、2010年までに95%以上も減少し、2300万枚にまで落ち込んでいます。世界第3位の綿花生産国のアメリカでさえ、世界規模での価格競争力が年々低下していったことをこのデータが裏付けています。

The US was formerly a major towel production country, vying for the #1 or #2 position in the world. Approximately 500 million towels were produced annually in the later 1990s, but this declined by more than 95% by 2010 to 23 million towels. Even the US, which is the third largest producer of cotton in the world, has declined in pricing competitiveness year after year on a global scale, as backed up by data.

※掲載内容は『タオルの本』発行当時(2012年)のまま掲載しております。


-タオルについて