タオルの本

世界一タオルを研究している会社がつくったタオルの本

タオルの新定義

タオルについて

タオルの新定義

2017/02/02

毎日の生活に当たり前のようにそばにあり、まるで空気のような存在。それがタオルです。
日本では「パイル織りの布」のことを広い意味で「タオル」と呼んでいます。一般に「タオル地」とも言われるように「素材」を指すことが多く、タオルケット、タオルハンカチなど、用途は違ってもパイル地でつくられたものには「タオル」という名称が付けられています。
一方、欧米で「タオル」と呼ばれているのは、素材を問わず「顔や体を拭く布」のことで、日本でタオル地と呼ばれているパイル織りの生地を、英語ではテリークロスと言います。
こうした背景も踏まえ、改めてタオルについて問いかけたとき、タオルとは、ただ汗や水を吸い取るだけではなく、肌に触れるときのやわらかさ、やさしさ、気持ち良さを持つ布であり、使う人の心の琴線に触れることが、タオルになくてはならない大切な役割と考えました。
本書では、「素材」や「用途」という境界線を取り払い、カラダやココロが喜ぶもの、触感に響くものを「タオル」と定義付け、その未来や可能性を示唆します。そして、この本を手にした方々に“タオル心地”の幸せ感を伝えたいと思います。

Redefining Towels

Towels. Always by your side in everyday life and an essential existence, almost like air.
In Japan, “towel” has the broad meaning of a pile weave cloth. As indicated with the term “towel cloth,” “towel” often refers to the material itself. Items made with pile weave cloth such as the “towelket (towel blanket)” and “towel handkerchief” include towel in their name regardless of purpose.
In the west, “towel” refers to items used to wipe the face and body regardless of the material. The pile weave cloth that is called “towel cloth” in Japan is called “terry cloth” in English.
When considering all this and pondering towels, we feel that they have the important role of touching the emotions when used. Rather than simply absorbing perspiration and water, they provide softness, gentleness, and delight when touching the skin.
In this book, we clear away borders such as material and pur-poses; we simply define “towels” to suggest their future and potential, to be what brings joy to the body and mind and stimu-lates the tactile sense. We hope that by reading this book, you will sense the happiness and comfort of towels.

※掲載内容は『タオルの本』発行当時(2012年)のまま掲載しております。



UCHINO Towel&Bath Shop 本店

UCHINO Towel&Bath Shop 楽天市場ショップ


-タオルについて