タオルの本

世界一タオルを研究している会社がつくったタオルの本

触覚の深淵

コラム

触覚の深淵

2017/02/02

ライト兄弟が初めて空を飛んで約100年が経ち、ガガーリンの地球周回は約50年前のことである。そして今や宇宙飛行士が、常に地球を周回する宇宙ステーションに、つまり、宇宙に滞在している。
地球上で進化してきた私たちは、この50年で宇宙飛行士の目を借りて地球を見ることができるようになった。そして、さらなる未知の空間へ目を向け始めた。
無重力という環境は驚くべき空間だ。重力ある地上で生きる私たちはこの場で無重力の感覚を決して再現することはできない。地上で私たちは常に地面や座面など何かに触れている。立位では足裏が地面と接触し、自身の体重を支えている。立っても、座っても、横たわっても、そこに地との接触がある。接触感の入力は無意識下でも間断なく知覚されている。一方、無重力では体重を感じないばかりか、何ものにも触れずにただ浮いていられる。
私はかねてよりJAXA(宇宙航空研究開発機構)の協力を得て『宇宙でのファッショナブルライフ』というテーマの研究を行っている。無重力の宇宙での服について重要なことは、地上であたりまえの触覚感の喪失をどのように補完するかという点にある。スペースシャトルや宇宙ステーションで分刻みのスケジュールをこなし、慌ただしい日々を送る宇宙飛行士によっても、やわらかな綿素材、心地良い接触感への希求があった。
進化の中で、視覚や聴覚以前にあった原初的な感覚である触覚を重視し、これに心地良さを与えることのできる衣服素材とデザインは、長期の宇宙滞在の心身の調和に必ずや有効に働くであろう。そして、宇宙飛行士に快適な素材は、きっと地上の人々にも快適なはずだ。包み込むようなやわらかなタオルの触感や綿素材の快適性を、いかに汚れにくく、そしてコンパクトに宇宙に運ぶことができるだろうか。
宇宙、それは、ちょうど17世紀の大航海時代のように、人類の夢を開く場所に違いない。すでに宇宙には人類が生活しているのだ。

The Abyss of Tactile Perception

t’s been about 100 years since the Wright brothers first took flight, and about 50 years since Gagarin orbited Earth. And today, astronauts stay in a space station that is orbiting Earth – which means they are staying in outer space.
Having evolved on this planet, humans gained the ability to see Earth through the eyes of astronauts in the past 50 years. We have now started to focus on further unexplored space.
The environment of zero gravity is an astonishing one. Living on the earth where there’s gravity, it’s impossible to recreate the sensation of this weightlessness. On Earth, we are always in contact with something, whether it’s the ground or a seat. When we stand, the soles of our feet touch the ground and support our weight. Whether we stand, sit, or lie down, there is contact with the earth. Even if you aren’t conscious of it, you ceaselessly perceive this sense of contact. But in a zero-gravity environment, you cannot feel your weight and it’s possible to simply float without touching anything.
I have been conducting research on the theme “Fashionable Life in Space” with the cooperation of JAXA(Japan Aerospace Exploration Agency). For clothing in zero-gravity outer space, it’s important to consider how to compensate for the loss of tactile perception, which is so natural on Earth. Astronauts who work on a hectic schedule on the Space Shuttle or space station also strongly desire soft cotton materials and a pleasant sense of contact.
The tactile sense is primitive and existed before visual and auditory sense in the course of evolution. Clothing materials and design that focus on this and provide a pleasant sensation are certain to be beneficial for maintaining balance of the mind and body during extended stays in outer space. Indeed, materials that are comfortable for astronauts are sure to be comfortable for people on Earth as well. I wonder if we could take the soft feel of being wrapped in a towel and the pleasant touch of cotton material to outer space in a form that is soil-resistant and compact.
Like the Age of Exploration around the 17th century, outer space is definitely a place where dreams of humankind come true. After all, humanity is already living in space.



宮永美知代 
医学博士
東京藝術大学大学院美術学部美術教育(美術解剖学Ⅱ)研究室 助教
美術解剖学会 理事
日本顔学会 理事
宇宙航空研究開発機構(JAXA)文化・人文社会科学利用第1回パイロットミッション PI

Michiyo Miyanaga
B.A., Ph.D.
Assistant Professor, Department of Artistic AnatomyⅡ, Art and Education Faculty of Fine Arts, Tokyo University of Arts (TOKYO GEIJUTSU DAIGAKU)
Administration officer, Japanese Society of Artistic Anatomy
Administration officer, Japanese Academy of Facial Studies
Principal Investigator, 1st Pilot Mission on Education Payload Observation (EPO) in Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)

※掲載内容は『タオルの本』発行当時(2012年)のまま掲載しております。


-コラム