タオルの本

世界一タオルを研究している会社がつくったタオルの本

心と身体(からだ)を癒すタオル心地

コラム

心と身体(からだ)を癒すタオル心地

2017/01/17

かつて、人間は身体に、毛皮や木の皮、そして単なる一枚の布など、必ず何かを纏って生活を行ってきた。それは、ファッションではなく、気温の変化や外敵から身体を保護するという目的であった。さらに、衣食住が徐々に満たされるにつれて、身体を美しく装飾するという目的に関心を持つようになってきた。いずれにせよ、衣服を身につけることは自分自身を守ることであった時代が長かったわけである。 
昨今の衣服はデザインだけでなく、機能性や感性である着心地に対する研究開発が目覚ましいので、人々の関心が肌触りや着心地へと移っている。如何に“美しく”見せるかだけでなく、如何に“楽しく”快適に着られるかということが重要視される時代になってきた。
そこで注目するのが、タオルである。パイル織りを特徴とするタオルは、軽く、優れた吸水性、吸・放湿性、保温性を備えており、他の布と比べて多くの優位性を持つ素材であることは既に知られている。
私の研究室で、タオル(ガーゼやワッフルを含む)や編物の「手触り感」と、それらより作製したルームウェアの「着心地」に対する評価について解析を行った結果、パイル織りのタオル、特に無撚糸タオル(ルームウェア)は「癒される」、「高級感がある」、「手触り(着心地)が良い」と評価され、パイル心地が高級感や肌触りの良さを印象付けることを明らかにした。
また、「着心地」評価結果と生地の圧縮特性、摩擦特性や温熱特性を測定した結果との相関を解析すると、肌触りや着心地の良さは生地の圧縮特性(圧縮回復性)と相関がみられた。すなわち、他の織物や編物と比べて圧縮回復性が良いパイル織りのタオルの特性が、「癒し」や「肌触りの良さ」を生み出していると考えられた。
そのため、タオルは単に布の1種類ではなく、「タオル心地」という独特の触感と機能性、つまり「癒し」と「心地良い肌触り」、呼吸をしているかのような機能性(優れた吸水性、吸・放湿性、保温性)を備えた快適な素材として捉えていいのではないだろうか。
タオルは、「心と身体」を包むための非常に快適な素材であり、単に水分を拭き取る身の回りの日用品から、年齢や性別に関係なく着ることができるストレスフリーな衣服(カジュアルウェア、ルームウェアなど)へ、さらに我々の全身をやさしく包み込む被服(帽子、マフラー、カジュアルウェア、サンダルなど)へと進化することは必然である。

The Comfort of Towels that Soothe the Mind and Body

Humans have always draped something over their skin, whether it was animal fur, tree bark, or just a piece of cloth. Originally, the purpose was not fashion and was simply something to protect themselves from temperature changes and obstacles. The objective of beautifully adorning the body came later as needs for clothing, food, and shelter were gradually met. But at any rate, the era of wearing clothing for the purpose of protection was long.
Besides design, there has been dramatic development of function and wear comfort for clothing, and interest is shifting toward texture and comfort. In addition to flattering the person, there is an increasing focus on how good the clothing feels.
This is where the towel comes in. Towels have a distinctive pile weave, and they are light in proportion to its bulk, highly absorbent, and have good moisture absorption and dispersion properties as well as heat retention. It is a given fact that this material holds many advantages compared to other cloth materials.
We conducted an analysis of evaluations for “the feel” of towels (including gauze and waffle) and knit items, as well as the “wear comfort” of relax wear made with those materials at my laboratory. Pile weave towels and especially zero-twist yarn were evaluated to be “soothing,” “seem high-grade,” and “feel nice to touch (or wear).” It was apparent that the feel of the pile gave an impression of being high-grade and feeling nice.
We also analyzed the correlation of “wear comfort” evaluation with measured compression attribute, friction attribute, and thermal attribute.
We found a correlation between texture/wear comfort and fabric compression attribute (compression recovery property). It seems that the pile-weave towel attribute of having higher compression recovery property compared to other weaves and knits created comfort and a nice touch.
Which is why towels should be considered to be more than just a type of cloth. Towels have a unique texture and comfort function – a comfortable touch and image. They also function as if they breathe (excellent absorbency, heat retention, moisture absorbency and dissipation). The towel should be considered a delightful material indeed.



西松豊典 
工学博士
信州大学繊維学部 教授
同大学先進ファイバー試作開発センター長
繊維学会・感覚と計測研究委員会 委員長
感性工学会・感覚工学部会 会長
日本繊維機械学会理事

Toyonori Nishimatsu
Doctor of Engineering.
Professor and Director
Shinshu University
Faculty of Textile Science & Technology
Dept. of Advanced Textile Engineering Advanced Textile R&D Center
Chairman of Sensation & Measurement Committee, Society of Fiber Sense & Technology, Japan
Chairman of Sensation Engineering Committee, Japan Society of Kansei Engineering
Director, Textile Machinery Society of Japan

※掲載内容は『タオルの本』発行当時(2012年)のまま掲載しております。



UCHINO Towel&Bath Shop 本店

UCHINO Towel&Bath Shop 楽天市場ショップ


-コラム